都道府県別の子供の割合

少子化をストップ!子どもの数が多い都道府県はどこ?TOP→沖縄県、最下位は……
都心に暮らしていると、通勤電車に制服を着た子どもが乗っているのに出くわすこともありますが、その反面、近所の公園から子どもの声が聞こえなくなったような気がするということがあります。少子化が進んでいるといわれる昨今ですが、今回はそんな「子どもの数」について、総務省統計局の「人口推計」データから見てみましょう。≪続きを読む≫[アメーバニュース]


今日紹介する記事では、15歳未満を子供とし、全ての年代に占める子供の割合を都道府県別に比較しています。

全国平均は12.8%です。

最も子供の割合が多い県は沖縄県で17.5%、2位は滋賀県で14.6%です。いつもながら、沖縄は違う世界だと思います。

最も割合が低いのが秋田県の10.2%。次が東京都、北海道、青森県、高知県、徳島県、岩手県の順です...

ご支援くださる方はクリック→