清原和博容疑者逮捕 薬物中毒者には刑罰ではなく治療を

今月2日、元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されました。清原容疑者には入手ルートを正直に話して、二度と覚醒剤に手を出さないようにしてほしいですが、薬物使用は再犯率が高く、薬物依存から脱するのは非常に難しいという現実があります。


危険ドラッグや覚醒剤などの違法薬物の根絶には、密輸や密売などの供給側を厳しく取り締まるとともに、中毒者への治療を十分に行い、需要を無くすことが重要ですが、日本ではまだまだ、中毒者への治療への取り組みが不十分だと思います。


日本では違法薬物の所持や使用での摘発者に対して、懲役刑の場合は治療プログラムなども行われているものの、刑罰に主眼が置かれている場合が多く、執行猶予などになった場合は、全く治療が行われないケースもあります。また、民間の治療施設はあるものの数が足りていません。


このブログでは、日本社会が抱えるあら...

ご支援くださる方はクリック→