⑫搾取と所得再分配のバランス

搾取と所得再分配のバランス

あらゆる経済の基礎は生産です。それは、現在も変わりません。そして、生産者は、生産の現場にいる経営者、個人商店、そして労働者しかいません。 その生産者に当座の資金を用立てする役割で投資家と債権者が生まれました。最初の頃は、まだ、投資家と債権者は、資金調達に協力して来ただけの脇役でした。株主の取り分は残余請求権と言われていたように、現場経営者と労働者が給与を受け取った後の残り物しか受け取れなかったのです。今日のような、投資家と債権者が主役に躍り出て来るようになるとは思いもかけないことでした。労働者またはサラリーマンにとっての全盛期は、冷戦期とダブる産業資本主義時代であったということが出来ます。産業資本主義という用語について語られることは少ないのですが、一般的に、産業革命で工場による大量生産が可能となることによって誕生し、工場という生産部門が経済活動...

ご支援くださる方はクリック→