都道府県別の出生率の変化

都道府県別合計特殊出生率を見ると、大都市で低い、沖縄で高い、西日本ほど高い、という傾向があります。ただ、昨日のブログで、西日本で高い、という傾向はここ数年のことで、平成15年にはなかったということに気づきました。

今日は、厚労省のページにいってデータを拾ってきました。早速みてみましょう。

縦軸は合計特殊出生率、横軸は、北海道、青森、・・・、沖縄というように北から南に都道府県を並べたものです。並び順は昨日のブログに出したグラフと同じです。

平成15年を基準にしたグラフを描いてみました。平成15年が水色の実線です。



赤点線は平成8年です。平成8年の日本の合計特殊出生率は1.43、平成15年は1.26まで落ちました。このときの出生率の落ちは、全国一律の低下だったことがわかります。



次は、赤点線を平成20年にしてみました。平成20年には出生率が1.37...

ご支援くださる方はクリック→