育休を普及させたいなら

宮崎議員の育休がずいぶん話題になっています。昨日(2月8日)はあちこちの媒体で記事になっていたようです。何があったんでしょうか。

プレジデントの記事に、男性女性限らず育休一般の問題点が指摘されていました。

男児誕生、宮崎謙介議員激白!国会議員が「育休宣言」した本当の理由

指摘されている問題点とは、「育休をとられてしまった側」の立場です。

特に中小企業では、誰かが育休をとると、他の社員の負担が増えてしまいます。大企業でも、育休をとった人は出世を諦めたと見なされてしまう、というコメントがありました。

記事では、育休対応にかかる人件費を政府が負担する、という案が書かれています。が、記事の著者も書いているように、財源の問題があります。無制限に負担するのは無理でしょう。

そこでちょっと考えてみました。実現可能なアイディアとしては、育休用の保険を増額し、育休をとっ...

ご支援くださる方はクリック→