日米安保は米軍が自動反撃するような都合の良いものではない

はい、コテヤンです。
なんだかネット上の書き込みを見てると未だに
「中国が尖閣諸島を攻めてきても、米軍と共同で防衛できるから楽勝」
なんていうお花畑な意見が多いようです。
彼らの中ではアメリカは中国に対して「必ず敵対している」という前提条件が、何故か刷り込まれているようです。

そしてこう言うわけです。
「尖閣諸島は太平洋への出口。中国の戦略原潜が通れるようになると、アメリカの太平洋の権益が脅かされるから!」

ではクリミアはどうだったのか?南沙諸島の中国の人工島建設は?
未だに止まっておらず、南沙諸島ではアメリカは「無害通航権」で12海里の地点を「行儀よく」通過しただけに過ぎません。
クリミアでもロシアに対して経済制裁をしたに過ぎません。

アメリカと中国はサイバー戦、宇宙戦において相互破壊確証が成立しているのは間違いなく、中国が仮に太平洋の第二列島線に戦略原潜...

ご支援くださる方はクリック→