宮崎謙介議員辞職 自民党議員は全員議員失格

育児休暇取得を宣言していた自民党の宮崎謙介衆議院議員が女性タレントとの不倫を報じられ、12日に記者会見で議員辞職を表明しました。宮崎議員の行為は政治家としても人間としても許されないことであり、辞職は当然だと思います。


ただ、政治家失格なのは宮崎議員だけではありません。安倍晋三総理大臣以下、自民党議員全員です。自民党は、機動的な財政政策、デフレ脱却までは消費税増税延期、国益に反するTPP交渉参加反対、日本の領土・領海・領空を断固として守るなどを公約に掲げ政権を奪還しました。しかし、自民党は政権奪還後、多くの公約を破り、全く真逆の政策を進めています。


機動的な財政政策を公約に掲げながら、災害対策やインフラ老朽化対策などの公共事業予算の規模はピーク時の水準を大きく下回っており、介護報酬は減額されるなど、真逆の緊縮財政が行われています。さらに、庶民は景気回復を全く実感していない...

ご支援くださる方はクリック→