【早く財政出動を議論して欲しい】景気対策、情勢見極め判断…自民・稲田氏が講演

はいコテヤンです。

以下の様な記事が出ておりました。
景気対策、情勢見極め判断…自民・稲田氏が講演(読売新聞)

概要だけ書くと、経済に対しては「世界情勢をもう少し見てから」。
同一労働同一賃金に関しては進めます。

別に先日のLGBTの件に関しての「怒り」を込めているわけではないのですが、稲田朋美氏は政調会長ですのでどうしても注文を付けたくなってしまうわけです。

世界的に需要縮小が止まっていない局面で、中国ショックや新興国からの資金引き上げ等々も今年は加速していくと予想されます。
茹で蛙になってからではおそいのですよ…稲田さんと安倍総理。

本記事は2月14日に書いているのですが、2015年度10月~12月期のGDPが2月15日発表とのことであります。
民間の試算は実質でマイナス1.4%(年率換算)らしいのですが、これだけでも財政出動するという理由になる...

ご支援くださる方はクリック→