変わるか変わらないかじゃなく、変えようとする意思こそが尊いのでは?

はいコテヤンです。

先日進撃の庶民に寄稿したエントリーにコメントを頂きまして。
憲法98条とTPPのISDS条項について取り上げたものだったのですが、色々ご反響を頂いているようでありがたい限りです。

その中で1つ気になったコメントがあります。一言で言うと「国家主権なんて元々無いんだ!戦争しか無い!」というコメントだったのですけど、まぁ…国家主権がないのにどうやったら戦争が出来るんだ…というツッコミは置いておきまして。

いろんな方がいらっしゃいますが上記のようにニヒリズムやガラガラポン願望、あるいは破滅願望にとりつかれる方もいるわけです。

我々は大変に無力であり、まだまだ反グローバリズムは弱小勢力と言うのは否定が出来ません。
この界隈で一番影響力の有る三橋氏や、内閣官房参与まで努めておられる藤井聡氏でもおそらく「あ~もう!どないしたらええやろか?なんでこうせえへん...

ご支援くださる方はクリック→