やはり三橋さんは正しい事を言っていると、つくづく思う。

アベノミクスとは、そもそも3つの別々な経済学派の理論に基づいて構成されていました。

第一の矢の金融政策はリフレ派

第二の矢の財政政策はケインズ派

第三の矢の成長戦略は新古典派

だから、よくよく考えてみれば三本の矢を一緒にすること自体が可笑しな話なんですが、これが発表された当時、橋本、小泉政権以来の新自由主義的政策に危惧を抱いていた人々が考えていたのは、とにかく第二の財政政策・・・ぶっちゃけると国土強靱化計画さえスタートしてしまえば、第一の矢に関しては金融政策も必要だし、国のシャッキンがーという人対策にもなるだろう、そして第三の矢に関してはもちろん気持ち悪くは感じていたけれど、とにかく第二の矢、国土強靱化だー!と、まぁ夢見てたんですよね。これは、もちろん三橋さんなどもそうだったでしょう。

ところが、リフレ派を支持する株屋さんと、新古典派を支持するレントシーカーさんが手を結んじゃったんですよね。ま、もともと金融政策をやって株価の上昇のみを至上価値におく株屋さんは、レントシーキングと財政均衡主義というデフレ促進策でしかない代物を成長戦略とか言っちゃってるレントシーカーさんとは相性がいいもんですから、すんなり手を結び、第二の矢、私たちがとにかくそれさえやってくれれば、と祈っていた財政政策を、ま、端っこに追いやってしまったんです。

そうなると、もともと矛盾の塊であったアベノミクスは金融政策と成長戦略(こう呼ぶこと自体が詐欺的ですが)に邁進し始め、第二の矢の財政政策、つまり国土強靱化に夢を託していた初期の安倍総理支持派、三橋さんを始めとする私たちは、めでたく「ミスリード野郎」と罵倒される存在に至ったという訳です。

「デフレは貨幣現象です」 違うでしょ! 「デフレは総需要不足です」

これを徹底的に定義化するべきだったんですね。やはり、根本問題を曖昧にして纏ってはいけないと言う事でしょう。まさに「悪貨は良貨を駆逐する」でした。

三橋さんが一貫して仰っていることは至極簡単で、日本は内需の国である。しかし今はデフレで民間が仕事を作り出せない。だから政府が仕事を作ればいい。それが財政政策で、しかも日本は災害大国で数十年後には首都直下型地震や南海トラフ地震が起こる可能性も高いという事だから、藤井聡さんが提唱する国土強靭化計画を行うべきだ。そうすると国のシャッキンガ~とか言う奴がいるが、日本の国債はほとんどが円建てだし、金利もまだまだ低い。アベノミクスで言うところの金融政策、買いオペで国債買取でもすれば、その借金とやらもどんどん減ってゆく。そして日本はこれから生産年齢人口つまり働ける年齢の人口が減ってゆくので企業は従業員確保のため、賃金を上げてゆかざるを得なくなるわけだが、内需国である日本ではそれでOKで、そうすれば国民の購買意欲も上がってくるのでますます経済は好循環に回り始める。そこで肝心なのは例えば一億総活躍などと言ってわざわざ高齢者や専業主婦層を仕事に駆り出したり、外国人労働者を入れたりしないことだ。

私はブログ、ラジオ、ユーチューブなどを、よく拝見、拝聴させていただいていますが、はっきり言って三橋さんの言っていることは筋が通っています。私が三橋さんを知ってから、あれは民主党の菅総理がTPP参加を言い出した頃でしたから、確か平成22年頃でしたが、それから今の今まで言っている内容がブレていないんです。つまり・・・

「経世済民」の言葉に偽りなし。と言っちゃってもいいでしょう。

現代は何が正しいのか、答えが見えない難しい時代です。ですからまず大事なのは人間としてどうなのか、それから自分自身が負う責務への誠実さがあるかどうかを問うべきなのではないでしょうか。

母親ならば養育すべき子の健やかな成長への誠実さ、父親ならば支えてゆくべき家族への誠実さ、もちろん妻、夫は相手に対する誠実さ、仕事ならば例えばラーメン屋ならば提供するラーメンの味を追及する誠実さといったものです。

私たちが安倍総理を批判するのは何故か。それは彼の果たすべき役割が日本国民の生活を守る事だからです。それをないがしろにしてアメリカをはじめとするグローバル企業家達の意向に沿った政策を推進しようとしているからです。

私たちがリフレ派経済学者を批判するのは何故か。それは彼らが日本国民の為ですよ。と言うような顔をして語っている事が実は株屋さんの為の政策にすぎないからです。

私たちが西田議員のここのところの態度にムカついているのは、彼が日頃語っていた内容と今の態度があまりにも違い、しかも議員という立場は、日頃語っていた内容を実現させる責務があるであろうと思っているからです。

そして、私が三橋さんを擁護するのは、経済評論家としての彼の発言が以前と全くブレることがないからです。

・・・やはり、どう考えても、三橋さんは正しい事を言っていると、つくづく思う。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人

「やはり三橋さんは正しい事を言っていると、つくづく思う。」のコメント一覧

  1. 1
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    結局のところ「積極財政派だけど三橋氏はミスリードだ!」という人たちって、何がしたいんでしょうね?
    むしろそういう人たちは「安倍晋三はダメだといったじゃないか!三橋氏もダメだ!」みたいな「人物」しか見ていないように思います。
    その背後にある力学や誠実性、主張にある思想、そういったものを見てないのかもしれないですね。

    私も三橋氏をもう何年もみてますが、主張にブレがないというのはまことその通りだと思います。

  2. 2
    noranekoma のらねこま  :

    こんにちは、前にも書いたんですが、私は何でもアリ派なので、リフレ派もケインズ派も成長戦略派もある意味正しいと思っているんですね。じゃあどれが一番正しいかといえば、どれも100%ではないと考えているので、全部やればよい(笑)と考えています。同時にやると相互に若干の矛盾はありますが、大問題にはならないはず。なのに「どっちが正しいか」の論争になって、国民なんかそっちのけのような気がします。なので、最近は全ての派閥に失望しています。

    その中で、ケインズ派は冷遇されてると思います。もっとケインズ派を重視しないと、3派のバランスが取れないだろうと思うんです。とりわけ先進国の実効金利がマイナスにへばり付いてますから、リフレ派の理論も正しいと思いますが、財政出動を行わないと即効性がまったく期待できません。そこにきて、やれ中国だの原油だのといって「だから時間がかかるんです」じゃないだろ。何時までノラクラやってんだ!という感じです。

    もちろん、供給制約はあると思います。だから財政出動も国土強靭化一本ではなくて、とくに研究開発投資を政府が主導してすすめるべきで、これは成長戦略派の考えにも資すると思います。給付金で消費刺激もありです。IMFもOECDも、いよいよ財政政策を各国に求め始めています。なぜ政策総動員しないのか本当に不思議です。たぶん最大の問題は「国の借金がー」の連中なのだと思います。財政出動しない明確な理由はそれしかないですから。老人や女性を労働に駆り出すのも、借金がーです。3派の最大の敵はあいつらだと思うんです。

  3. 3
    baiannmidareame やす  :

    >>コテヤン@どうやら管理人さん

    >結局のところ「積極財政派だけど三橋氏はミスリードだ!」という人たちって、何がしたいんでしょうね?

    私もよく分かりません(笑)

    日本国民は愚民ばかりだと言う「自虐思想」に取りつかれてるんじゃないかと思います。

  4. 4
    baiannmidareame やす  :

    >>のらねこまさん

    仰る通りですね。どの政策も仲良くやってくれればいいのですよね。

    >たぶん最大の問題は「国の借金がー」の連中なのだと思います。

    私もそう思います。これがレントシーカーの方々には決定的に必要なのです。これがあるから民間にさせればいい、だの彼らの商売に繋がるわけですから。

    ・・・ホント、現代は欲望を抑える社会規範の力が低下している事が問題です。

  5. 5
    やまねろん  :

    >結局のところ「積極財政派だけど三橋氏はミスリードだ!」という人たちって、何がしたいんでしょうね?
    恐らく、標的が謝罪や訂正をして、自身の主張通りのことをすれば満足するんじゃないでしょうか。批判されると凄い勢いで反撃をしてくるので、次の心理があるのかもしれませんね。

    「自身の正しさを見せつけたい」
    「自己効力感を得たい」
    「承認欲求を満たしたい」

    他人を批判するのは大好きですが、自身が批判されるのは大嫌いで耐えられないのかもしれません。批判されるのは誰しも嫌な気分が生じるものなんですけど、恐らくその比ではないのでしょう。

  6. 6
    やまねろん  :

    >>のらねこまさん
    >リフレ派もケインズ派も成長戦略派もある意味正しい
    この点には同意した上で、
    『全部やればよい(笑)と考えています。同時にやると相互に若干の矛盾はありますが、大問題にはならないはず』
    この点には反論を申し上げたいです。論点は「順序やさじ加減は大事」ですね。

    料理や製菓を例に挙げます。茶碗蒸しやプリンやといった卵料理において、材料を混ぜてから最後に熱を通すという順序は外せません。
    卵のたんぱく質は熱変性により固まります。しかし、不可逆的な反応ですので、一端固まってしまったら二度と固まる前には戻せません。ゆで卵を作ってから、牛乳と砂糖を混ぜてカラメルソースをかけても、美味しいプリンにはなりません。
    また、材料の混ぜ方も順序が大事なんです。水分の多い所に粉類をそのまま入れると、確実にダマになってしまい、均一な質感にはなりません。餡かけを作る際に、片栗粉を水で溶かずに入れてみて下さい。石ころの如き餡の塊が出来てしまいます。
    スポンジケーキの場合は、薄力粉のダマがあると焼いた後の断面に薄力粉の塊があり、もろ小麦粉の味とゴロつく食感が生じます。しっかり混ぜに混ぜればダマがなくなって万々歳! とはなりません。混ぜすぎれば、薄力粉のたんぱく質からグルテンが形成され、膨らみが悪くなりパンのような食感となります。

    こういった手順、順序、さじ加減が重要であるというのは、どんな分野の物事でも一緒であると思います。劇薬や危険物を取り扱う場合、製品を組み立てる場合も、操作手順を間違えれば取り返しの付かないことがありますね。したがって、政策においても手順とさじ加減を間違えれば、取り返しが付かなくなるでしょう。

    「デフレで長期金利が低い状況なのだから、財政出動をバンバンやって、金融緩和もやれ。しかしインフレになったり、長期金利が上がったりしたら、別の主張をする」
    三橋貴明氏は一貫してそう主張されていますので、私は彼の主張する経済政策に賛同しております。状況が変われば、打つべき手は変わります。有効な手段も状況によって違います。手順を誤れば、火種を広げて大きくする可能性が大いにあります。