やはり三橋さんは正しい事をいっているな~とつくづく思う。

さて、前回は、三橋貴明さんを擁護する記事を書かせていただいたのですが、今回もその続きとなります。

皆さんはご存知でしょうか?このニュース
http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

「保育園落ちた日本死ね!!!」

何なんだよ、日本。

一億総活躍社会じゃねーのかよ。

昨日、見事に保育園落ちたわ。

どうすんだよ。私活躍出きねーじゃねーか。

子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金治めてやるって言っているのに日本は何が不満なんだ?

・・・ま、こんな感じで続いてゆくのですが、要するに自分の子供が保育園に入れない、保育園を増やせ、増やせないんなら児童手当を増やせ、という事のようです。実は私も同じ子育て世代です・・・住んでいるのが都会と田舎の違いはありますが、非常に共感いたします。

まぁ私は児童手当を増やし、子供が小学校高学年くらいまでは、お母さん、またはお父さん、お婆ちゃん、お爺ちゃん、とにかく誰かが家にいる状態がベストだな、と思っているので、保育園を増やすよりは児童手当を増やすべき、と考えています。問題は家計所得、つまりは政府の経済政策にあり、です。

そして、最終的にこの方の結論は

保育園も増やせないし、児童手当も数千円しか払えないけど、少子化なんとかしたいんだよね~って、そんなムシのいい話あるかよ、ボケ。

って事です。口は悪いですが、まったく仰る通り。

この保育園に落ちた親御さんの魂の叫びに「駒崎弘樹さん」と言う方が答えたブログがあり、拝見させていただいたのですが、「そうだよな~」と納得しまして、取り上げさせていただきます。
http://www.komazaki.net/activity/2016/02/004775.html

実は平成25年4月でしょうか、あの悪名高き消費増税分を財源に「子ども子育て新制度」なるものが施行されました。その為、保育の拡大量が大幅に伸びたそうなのですが(平成25年72400人が平成27年117250人拡大)、しかし認可保育園に申し込む人数も増加した為、待機児童はむしろ増えているそうなのです(平成25年22740人から平成27年23100人)。

問題解決には、とにかく保育園を作れという事のようです。しかし、どうも問題点があると、

一つは予算、保育士が不足しているのですが、それは全産業平均より月10万円低い給与に問題があると仰います。そうでしょうね。私も聞いたり見たりしましたが、なにせ重労働、長時間のお仕事です。あれで安月給じゃあ心が折れちゃいます。

二つは規制、この方は自治体と仰られていますが、まぁルールが多すぎて参入障壁が高いとの事です。ここは難しい問題です。単純に参入障壁を低くして訳が分からない保育園が増えてもいけませんからね。きちんとルールについては精査して欲しいと思います。

そういった問題を解決する為に駒崎さんが取り上げておられ、私が非常に感心したのが「政治」に対する「長期間のコミュニケーション」です。

現政権が行う政策の一つ、所得の低い高齢者1100万人を対象に3万円支給するという総額3600億円の「臨時給付金」、これが出せるんなら保育士への予算も出せるはずです。ここで問題なのですが、なぜ高齢者の予算は出せるのに子育て世代の予算を出し渋るのでしょうか。

その理由を駒崎さんは政治は子育て層を基本的に軽視しているからだと仰います。

平成24年の選挙投票率20代は37%、30代は58%、それに対し60代は74%、70代は63%となるそうです。その差1.5倍との事。しかし問題は投票率だけではなく、いかに「政治と長期間コミュニケーションを取る事が出来るか」が勝負なのだと言います。

なぜ日本医師会は政治に影響力を持つことが出来ているのでしょうか。医師の数は人口の0.24%に過ぎません。ですが彼らは医師会として纏り、政治家とたくさんコミュニケーションを取っているのです。時に要求し、特に感謝し、時に説明し、特に応援する。そうやって仲良くなり、政治家にとって信頼するパートナーとなることが重要だと言うのです。そこまで行くと彼ら政治家も「言っている事は正論だし、何とか動いてみるか」となる訳です。

子育て層で、政治に文句を言う期間はよくよく考えてみると非常に短期間ですが、高齢者でいる期間は15年以上です。そう考えてみると政治がどちらを重視するか良く分かります。

社会を変えるには、粘り強く継続的に要望したり、コミュニケーションを取る事が必要だと言うのです。

どうでしょうか。駒崎さんの仰ること納得できると思いませんか?

そう考えてみれば、三橋さんが相変わらず自民党員のままでいる事や、相変わらず自民党議員や自民党議員による「故郷を応援する参議院の会」を応援する事も理解できそうです。

時に要求し、時に感謝し、時に説明し、時に応援する

このような活動を今行っている、とも考えられるのです。

安倍政権に怒り、絶望し、それに対し声もあげられない不甲斐ない自民党議員達、もう嫌だと、テーブルをひっくり返し、自民党員も辞め、大々的に自民党批判を行い、今までに築いてきた多くの自民党議員との信頼をぶち壊す事よりも、「正論」を述べながら、時に説明し、時に応援する。

今までの人生の途上において、多くの自民党議員と長期間コミュニケーションを取ることで築いた信頼を基に、自らの考える経済政策を支持してもらえるよう働きかける事を、三橋さんが選んだからと言って、他の誰も非難する事など出来るはずがないのです。

なぜなら、どのような方法が一番早くゴールに辿りつけるかなど誰にも分からないからです。

まぁ、少なくとも三橋さんや藤井さんなど、ご自分なりの方法で政治にアプローチしている方々を「批判だけ」しているよりは、はるかにマシな事だとは言えそうです。


このユーザーがいいねしています

  • コテヤン@どうやら管理人

「やはり三橋さんは正しい事をいっているな~とつくづく思う。」のコメント一覧

  1. 1
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    これは面白い考察ですねぇ。
    影法師さんも以前、自民党員の中から「このまま安倍でいいのか?」という声が出ている記事を見て、自民党員のほうが有効に批判出来るのではないか?とおっしゃっていました。
    その時も「あぁ確かに」と思った記憶があります。

    この記事に私も結構同感で、関わっているからこそ変えられ部分というのも大いにあると思うのですよね。
    (なぜ「結構」なのかというと、子育てのことがわからないからw)