「ウーマノミクス」はどうあるべきか

今日はこんな対談からです。

安倍政権ウーマノミクスの本物度/杉之原真子氏(フェリス女学院大学国際交流学部准教授)

「ウーマノミクス」という言葉まであるのか、という気もしなくはないですが、現政権の女性政策に関する対談です。

この手の議論の前提として、「女性の権利や人権を守らなくてはいけない」というのがあるのですが、どこかで飛躍して「全ての女性がキャリアウーマンにならなくてはいけない」といった方向に行きがちです。

それを全ての女性が望むのならその方向に進むのがよいと思いますが、実際に意向調査をしてみると、3割程度は専業主婦指向で、「全ての女性がキャリアウーマンにならなくてはいけない」という方向でよいのだろうか、というのが私の率直な感想です。

それはともかく、現政権は女性の社会進出を怖いくらい後押ししており、フェミニズムの立場から見るとよい政策のように思えます。b...

ご支援くださる方はクリック→