量的緩和は国債の引受けで一石三鳥

「ネコでもわかる経済の話」に追加しました。日銀の行っている量的緩和は国債を日銀が直接引き受けて行うべきです。そうすれば大規模な財政支出、金融緩和、そして最近の円高傾向に対しても円安効果が期待できます。まさに一石三鳥の政策のはずですが、なぜ実施しないのか本当に不思議です。...

ご支援くださる方はクリック→