政治家が信用を失うと、政策まで支持を失う

今日はこんな記事です。

男性議員「育休」、過半数が反対=不倫辞職で共感欠く?―時事世論調査

国会議員が育休をとることを主張し、イクメンのあり方に一石を投じました(こちら)。ところが当の議員が不倫を暴露され、議員辞職するまでに至り、国会議員の育休の話も消えてしまったようです。

このブログではスキャンダルにふれることは避けてきましたが、世論に影響があるとなると無視はできません。

時事通信の2月の世論調査で、男性国会議員が育児休暇を取得することの是非について聞いたところ、「支持しない」が53.2%と過半数を占め、「支持する」の39.4%を上回った。
育休取得を宣言していた宮崎謙介前衆院議員(議員辞職、自民党を離党)の不倫問題が響き、議員の育休への共感が広がらなかったとみられる。

国会議員が育休を取得することとスキャンダルの話は本来関係がないことのはずなのですが。...

ご支援くださる方はクリック→