①日本政府にデフォルトは無い

①日本政府にデフォルトは無い 一般的な認識では、政府支出の財源は税収と対民間国債による民間資金の借入であると考えられています。しかし、日本政府は通貨発行権を持っていますから、政府支出の財源を、必ずしも、税収と対民間国債に頼る必要はありません。日本は、EUに加盟し、通貨発行権を放棄したギリシャとは違います。固定相場制で自国通貨と他国の貨幣との交換比率を固定した場合でも、理論上は、自由な通貨発行権の放棄と見なされますが、ドルと元のように、相互の通貨発行量の申告が不誠実であれば、固定相場制は必ずしも通貨発行権の拘束になりません。現在の日本は管理通貨制度で、変動相場制ですから、自国通貨を発行する何の拘束もありません。現在の先進諸国では、通貨発行の業務は中央銀行が行いますが、中央銀行に通貨発行権があるわけではありません。中央銀行は通貨発行の業務を委託されているだけで、あくまで、通貨発行権...

ご支援くださる方はクリック→