③ハイパーインフレ待望論

ハイパーインフレ待望論

地方財政の破綻は、デフォルトが起こることによって、モノが外部から調達できなくなることですが、通貨発行権を持つ国の政府財政の破綻は、国債暴落またはハイパーインフレとなることで、通貨の価値が無くなり、国家全体として、モノが外部から調達できなくなることを意味します。その財政均衡派の言う財政破綻とは、デフォルトという狭義の意味における財政破綻のことではなく、国債暴落またはハイパーインフレという広義の意味における財政破綻のことです。しかし、ハイパーインフレは、戦争や災害によって国内生産力が破綻したり、または、ブラジルの例などのように外貨建て債務がデフォルトして輸入が止まったりして、極端なモノ不足が発生した場合などに限って起こるもので、それ以外に例はあり得ません。モノが無くなるので、生産物の不足によって通貨がほとんど意味を持たなくなるという現象がハイパーインフレです。現...

ご支援くださる方はクリック→