②格差を是正する税制とはどんなものか

格差を是正する税制とはどんなものか

税制によって、まず、抑制すべきは法人の利益です。法人税は、法人の純利益に課税されるものです。純利益は、経営者の役員報酬や労働者の賃金を支払い、設備投資費を支出した残余のことを言います。やるべきことをやってしまった残りであり、目的を果たした結果の残りです。設備投資費は純利益の中から支出されると勘違いしている人がいますが、減価償却費と言う方法でしっかり経費に組み込まれています。純利益は、労働者ではなく、すべて株主の利益になります。株主の利益の増大は、富裕層を生み出し、流動性選好(貯蓄愛好)や流動性の罠(投資停止)を生み出す根源になります。大多数の国民にとっては、まったく迷惑な部分です。このように、法人の純利益は制限されるべきであることから、法人税の増税の妥当性が説明されるのです。また、法人の中には、強引に仕入れ原価を下げたり、人件費を削ったりして、経...

ご支援くださる方はクリック→