上野千鶴子の「平等に貧しく」という主張 多文化共生という理想か、国民共同体の再分配強化か 技術革新による経済成長か – 西日本新聞


上野千鶴子の「平等に貧しく」という主張 多文化共生という理想か、国民共同体の再分配強化か 技術革新による経済成長か >>記事全文
西日本新聞
実際、1990年代以降、新自由主義が拡大したヨーロッパでは、社会民主主義者を中心にナショナリズムの見直しが検討されてきた。困っている国民を助けようという「同胞愛」が、再分配の動機づけとして有効だと考えられてきたのだ。リベラル・ナショナリズム路線は移民を一定の ...

ご支援くださる方はクリック→