転勤と少子化対策

今日はこんなコラムです。 女性活躍阻む「日本型転勤」はなぜ生まれたか ちょっと長いコラムで、しかもほとんどの部分が重要に見え、なかなか要約しづらいのですが、やってみます。 ・正社員は「転勤」を受け入れなければいけないようになっている・女性の職場進出が進み、女性総合職にも「転勤」が課せられるようになった・改正育児・介護休業法により、転勤によって育児や介護が困難となる労働者に配慮することが定められた・改正男女均等法では、総合職の募集・採用で全国転勤を要件とすることや昇進で転勤経験を求めることが間接差別だとされた・しかし、その結果子育て以外の労働者にしわ寄せがいくようになった・このままでは、子どもをつくるほうが会社にとって足かせとなり、「子どもをつくらないほうが得」となりかねない・職務、時間、空間が限定された正社員モデルを作る動きがあったが、企業にも野党にも理解が得...

ご支援くださる方はクリック→