②政府財政の不安定化=国民生活の安定化

②政府財政の不安定化=国民生活の安定化 新自由主義者は、低所得者と地方住民に対して税制による搾取を強化しようとしています。税制による搾取というと意外に思われるかも知れませんが、もともと、税は、歴史的に見ても、支配者が領民を搾取する主たる手段でした。その君主政治に反対し、国民主権が唱えられ、国民の普遍的な幸福の為に成立したものが近代税制なのですが、冷戦終結とともに、社会主義勢力の圧力から解放された新自由主義勢力が、あるいは、新しい時代の王である資本家、投資家、債権者からなる富裕層が、労働者からの搾取の手段の一つとして、再び税を利用し始めたのです。近代税制は低所得者に対する所得再分配型の税制であり、そのまま、ケインズの提唱する税制でもありますが、ケインズは、その所得再分配型によって、社会政策の実現みならず、懸案の経済成長も達成されるという学説を発表しました。近代税制は、所得の不平等...

ご支援くださる方はクリック→