日銀の胃袋は底無し

異次元緩和政策は“目標未達の泥沼”に嵌まり込み身動きの取れない状態だが、敗戦の総括も反省もないままに、早くも日銀内部から出口戦略が囁かれ始めた。『短期市場への影響見極めつつ、国債残高圧縮望ましい=佐藤日銀委員』(ロイター3/1)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000049-reut-bus_all「日銀の佐藤健裕審議委員は1日、徳島市で講演し、日銀は国債の残高を圧縮するのが望ましいとの見解を示した。また、現在ゼロ%としている長期金利目標は、市場の動向を追いかける形で緩やかに引き上げるべきと提唱した。これまでマイナス圏で推移してきた消費者物価指数(CPI)が今後はエネルギー価格の上昇により2017年度後半にも1%に達する可能性があり、長期金利が急上昇する可能性もあると指摘した。(後略)」また、佐藤氏は記事の中で、・年80兆円という買入...

ご支援くださる方はクリック→