待機児童を解消するために国に何ができるか

今日はこんな記事です。 待機児童解消へ、安倍首相「6月に新プランを決定」 現政権は2017年度末までに待機児童をゼロにするという目標を立てていましたが、できない見込みだということを総理が認めました。それをふまえて、新たなプランを立てることになったそうです。 プラン自体を見ないと何とも言えませんが、これまで待機児童問題を見てきて、素人ではありますが、個人的な意見を述べたいと思います。 1)国にできることは限られている 待機児童は極めてローカルな問題です。待機児童がいないところも少なくないと思います。また、保育園が作れない原因も、土地取得の困難さや住民の反対運動など、国レベルで解決することが難しいと思えるものが少なくありません。 もちろん国レベルでできることはあります。保育士の待遇や建設資金など、お金がないと進められない施策も多いだろ...

ご支援くださる方はクリック→