風評被害を撒き散らすクズ

『日本食品、禁輸続く=近隣国で警戒-新市場開拓で光も・原発事故6年〔深層探訪〕』(時事通信3/11)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000033-jij-soci「東京電力福島第1原発事故から6年。日本の農水産品には依然、外国から厳しい目が向けられる。特に中国など近隣国・地域の警戒は根強く、禁輸が継続。(中略)農林水産省によると、震災直後には54カ国・地域が日本の農水産品の輸入を制限。今は33カ国・地域に減り、大半が産地証明があれば輸入可能とするなど規制を緩めた。衛生基準に厳しい欧州連合(EU)も昨年、大幅緩和に踏み切った。しかし、中国、台湾、香港、マカオ、韓国、シンガポール、ロシアは、それぞれが決めた野菜や魚など、特定地域からの食品に対し門を閉ざしたまま。(後略)」東日本大震災という未曽有の大惨事が起きてから6年が経過するが、被災...

ご支援くださる方はクリック→