①なぜ住宅は生存権財産と呼ばれるか

①なぜ住宅は生存権財産と呼ばれるか 資産とは、賃料、配当、利子などによって継続的に所得をもたらすもの、または、換金によって将来的に所得をもたらすものを言います。資本主義社会において、資産の所有は死活を分けるものです。なぜなら、資本主義においてはあらゆるものに対価が支払われなければならないのですが、唯一の例外がすでに所有している資産だからです。その対価を支払わなくても良い資産を自分の生活や生産に活用すれば、格段に自分の生存(生き続けること)の確率を高めることが出来ます。(ただし、資産を手に入れるための債務および税金については、所有とは別の概念のものとして除外します。債務については完済が目的となっており、税金については課税の是非が問われなければならないからです。)自分の生活や生産に活用する資産とは、自分が住む住宅、自分が経営する店舗や工場、自分が利用する自動車、テレビ、パソコンなど...

ご支援くださる方はクリック→