教育無償化と女性活躍の実現は「二兎」ではないのか

今日はこんな記事です。 焦点:自民特命チームが「教育国債」有力視、5-10兆円案も 「教育無償化」について議論している自民党特命チームは、恒久財源の検討対象として教育国債と税制改正、消費税拡大、こども保険の4つの案に意見集約していることがわかった。

この中で、教育国債が最も現実的な手法との意見が多数となっており、実行に移す際に「無利子非課税」や相続税と相殺できる設計にするアイデアも浮上。幼児教育から大学までの無償化に未来投資の観点から、年間5─10兆円規模を念頭におく意見が出ている。 少子化の原因は、直接的には未婚率の上昇ですが、もとを辿ると、「教育にお金がかかること」に行き着きます。ものすごく乱暴に言うと、「教育に金がかかる→結婚に金がかかる→収入が少ない男性が結婚できない」ということだと思います。 ですから、教育にかかるお金を減らす、とい...

ご支援くださる方はクリック→