保護主義とリカードの比較優位【再掲】

トランプ大統領がどうやら保護主義にかじを切るのは決定的、と見えますがこれに対して「保護主義怖い!」というメディア、有識者、新聞、政治家、そして多数の日本国民がいるように見受けられます。恐らく大半の人の認識では例えば「第2次世界大戦は世界が保護主義にかじを切ったから起きた」というようなものなのかもしれません。しかしこれは大いなる勘違いでありまして、むしろ過激な自由貿易、つまりグローバリズムこそが第2次世界大戦の原因ということが可能です。保護主義はどうにもならなくなったから起きた、一つの結果にしか過ぎない。 一例としてイギリスとドイツは第2次世界大戦を戦いましたが、実は第二次世界大戦前までお互いに1位、2位の輸出先、輸入先でした。また1929年の金融危機から始まった世界恐慌で世界は、ブロック経済に移行するわけですが実は貿易量はそんなに変わっていなかった、という統計もあるそうです。こ...

ご支援くださる方はクリック→