論理的な森友学園解釈をしてみる

 【PR】ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ付け替えの予算の議論と森友学園付け替え予算、というのは聞いたことがあるでしょうが、予算で言うと「○○を削って○○にあてる」ということで、企業であればあり得るのですが、デフレ状況の国家であれば「支出を増大させないといけない」という前提条件に反するので、私は殆ど反対します。民主党政権のコンクリートから人へという話は正にこれで、あっちをこっちに持ってくることで「問題を解決しようとする」という話です。しかし政府支出、予算が増えるわけではないので「根本的な解決にはならないどころか、遠ざかることのほうが多い」考え方です。この場合「コンクリートにも人にも」予算が必要なら、どっちもつけるが正解です。どちらか1つ、という発想は前提条件に「お金がない」が暗黙の了解として存在しているのです。&nbs...

ご支援くださる方はクリック→