暴力的なフリートレードを保護したい輩

『G20声明、「反保護主義」を削除-ムニューシン米長官との対立鮮明に』(ブルームバーグ3/19)https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-03-18/ON0OKU6K50XS01「ドイツで開かれたG20は18日に閉幕し、共同声明では「経済に対する貿易の貢献の強化に取り組んでいる」と表現。米国が求めていた公正な貿易を確実にするといった具体的な約束は盛り込まれなかったものの、昨年の共同声明にあった「あらゆる形態の保護主義に対抗する」との文言は削除された。(後略)」暴力的なフリートレード(=行き過ぎた資本・人・技術の移動の自由、必要な規制の聖域なき撤廃)は、先進諸国の雇用や所得だけでなく治安までも不安定化させるとともに、莫大な資金と人材を継ぎ込んで開発した高度技術をも簡単に流出させてしまった。こうした野放図な貿易体制は、隣家との境界を定める塀の...

ご支援くださる方はクリック→