紙幣の返済?

『「紙幣や国債は返済する必要がない」は本当か「返済される」からこそ守られる大切なこと』(3/20東洋経済オンライン斉藤誠/一橋大学大学院経済学研究科教授)http://toyokeizai.net/articles/-/163330斉藤教授の主張詳細は上記URLからご確認いただくとして、それを要約すると次のようになる。①1万円札は「日銀がいつでも返済することを期待されている借金」。紙幣は、江戸時代にコメ取引で使われた約束手形と同様に、「返済される」からこそ、日々無数の経済取引が紙幣を介して滞りなく取り結ばれている。②今の1万円札は日銀の窓口に持ち込んでも1万円相当の金や銀に換えてくれることはないが、依然として「いつでも返済される」という性質を備えている。③「いつでも返済される」紙幣と「確実に返済を期待できる」国債が両輪となり1枚1枚の紙幣の流通が支えられている。④日銀保有の国債を「いつまで...

ご支援くださる方はクリック→