保険会社栄えて国滅ぶ

テレビでは医療保険、がん保険、生命保険、地震保険など民間保険会社のCMが多く流されています。とくにガン経験者の芸能人が出演している某外資系保険会社のがん保険のCMが目立っていますが、私は個人的にはこれに出演している芸能人に対して正直違和感を覚えます。


同じ境遇の人を助けたいとの気持ちは理解できるのですが、高所得者である彼らはガンの苦しみは経験から理解していても、少ない所得で苦しい生活をしている庶民の感覚を全く理解していないとしか思えません。


そもそも民間保険が必要とされているということは、先進医療、新薬、予防・検診などへの公的保険の適用、災害時の個人の生活再建への公的支援などの国の社会保障制度が不十分だということであり、この現状を放置したままでは芸能人がCMに出ても救えるのは経済的余裕のある人だけであり、非正規雇用者など低所得で高い保険料を払えない国民は全く救われませ...

ご支援くださる方はクリック→