②信用創造には担保が必要である

②信用創造には担保が必要である

信用創造の現場は、理屈通りの平和的なものではありません。金融機関の動機として、融資は利子収入という利益のために行われます。金融機関は利益の出ないものには融資しないだけでなく、損失が発生しそうなら、躊躇無く、貸し剥がし、貸し渋り、差し押さえを行います。債務の返済が滞った場合の、債権者と債務者の闘いはまさに血塗られた現場です。金融機関の融資の停止のために自殺する企業経営者の例は珍しいものではありません。その理由は、金融機関もまた民間企業だからであり、信用創造は民間の経済活動にすぎないからです。民間の経済活動は生存競争の戦いであり、敗北は死であり、子孫の不幸すら招きかねません。動物の生存競争と違って、さすがに、実際に殺されることはありませんが、基本は動物の生存競争と同じものです。その動物的な闘いを抑制し、理性を保護するために、所得再分配と言う弱者救済の思想...

ご支援くださる方はクリック→