バカのひとつ覚え「ジンバブエ」

『米利上げで国債漬けの日銀に「債務超過」の危機』(ダイヤモンドオンライン特任編集委員西井泰之3/17)http://diamond.jp/articles/-/121602?page=3「米国の連邦準備制度理事会(FRB)が追加利上げを決めたが、「物価上昇率2%」の目標を掲げる日本銀行は、直後に開いた政策決定会合で超金融緩和を続けることを決めた。だが日米の金利差が拡大し、国債(長期金利)市場が不安定な動きをしかねない中で、日銀は金利上昇を抑えようとしてまた国債購入を増やすことになりかねない。借金財政をファイナンスする“国債漬け”日銀の「出口」はますます見えなくなった。(後略)」西井氏の主張は次の4点に集約される。①「いったん金利が急騰(国債価格が急落)すれば、財務基盤にも影響が出る。(中略)途中で売ると「含み損」が表面化するから、物価が上がって金融引き締めをしようにもできなくなる。インフレ...

ご支援くださる方はクリック→