豊洲と豊中問題についての解説

金曜日のsecretary-of-japan氏のコラムが、本日は臨時増刊です。本人ブログで掲載したものに加筆いただいたものです!!!

人気ブログランキング 最近、政治関連のニュースで独占しているのが、豊洲と豊中の国有地問題ですが、最近になりまして、豊洲市場の地表には危険性があるという科学的根拠は全くないということが知られるようになりました。 元が瓦斯工場でしたから、最初に購入した時点では土壌に多少の問題点がありまして、東京都が800億円ほどかけて土壌改良を行い(なんせ豊中の土地の7000平方メートル弱とは桁が違い40万平方メートル強ありますから。)、そのうちの1割ばかりを売主である東京ガスに負担させたという話です。 東京ガスが1割しか負担しないのはけしからんといった話もありますが、売り主として当然に負担しなければならないのは、通常、その土地を利用するた...

ご支援くださる方はクリック→