海外依存リスク

穀物や食肉などの基幹食糧の海外依存度を高めすぎるのは、やはりリスクが大きい。日本では、年間約220万tの鶏肉が消費され、うち3割ほどを輸入に頼り、輸入国別ではブラジルが7~8割を占めるらしい。実際に筆者も、スーパーの店頭でブラジル産鶏肉が安売りされているのをよく目にする。ブラジルは2014年の鶏肉輸出量が356万tにも及ぶ世界最大の鶏肉輸出国なのだが、既に報じられているとおり、とんでもない食肉不正事件が発覚した。『ブラジルで食肉不正問題、緊急閣議招集へ』(AFP3/19)http://www.afpbb.com/articles/-/3121962「ブラジルのミシェル・テメル大統領は19日、世界有数の食肉生産国で国内外に広く鶏肉などを販売している同国において、食肉の安全性をめぐり不正問題が発覚したことを受け、緊急閣議を開くと発表した。2年間にわたる警察の捜査によって17日、公衆衛生検査官数...

ご支援くださる方はクリック→