老いの一徹:「派遣労働と裁量労働」

本日は、有閑爺い様の寄稿コラムです!このコラムを一言で表現するのならば「非常に秀逸かつ素晴らしい」ということにつきます。税と労働と国家、そして人権に言及されておられまして「なるほどっ!」となることは請け合い。じっくりとお読みいただきたいコラムです。私が一番印象に残った名文章と言いたい文章がこちら。立派な国を作るためには立派な労働環境が必要なのです。現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援! 女工哀史(岩波文庫青135-1) Amazon  老いの一徹:「派遣労働と裁量労働」~有閑爺い様昨今の政権の労働政策は、ネオリベとグローバリズムに基づく主張を大きく取入れており、ひたすら労働をコストとしか見ない偏った考え...

ご支援くださる方はクリック→