真の意味の「経済力」と企業の内部留保

株式会社経世論研究所講演・執筆依頼等、お仕事のご依頼はこちらから三橋貴明のツイッターはこちら人気ブログランキングに参加しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆『国土経済論(後編)①』三橋貴明AJER2018.2.27https://youtu.be/d1Wb6lbcE4I◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆>◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆さて、企業の内部留保が相変わらず増え続けています。日本に相変わらず「経済」を「カネ」で考える人が少なくなく、「日本にはカネがない!」などと、荒唐無稽かつ事実無根なことを信じている国民が多数派なのでしょうが、我が国は世界一の対外純資産国なのです。2016年末の対外純資産を見ると、日本が約349兆円で世界一。二位が中国(約210兆円)、三位がドイツ(約209兆円)。そして、世界で最も対外「純負債」が多い国はアメリカで、その額は約947兆円!おカネのあるなしで「経済力」が決...

ご支援くださる方はクリック→