新燃岳噴火 7年前の震災の教訓を活かせ

 鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連山・新燃岳で爆発的噴火が発生し、火口内で溶岩の拡大が確認されるなど予断をゆるさない状況になっています。まずは、不安な日々を過ごしておられる地元住民の皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、これ以上被害が拡大しないよう祈りたいと思います。

 さて、7年前にも新燃岳で噴火が起こり、その直後に東日本大震災が発生しました。東日本大震災では、避難の判断に迷っているうちに津波に襲われ多くの方が犠牲になったり、避難生活によるストレスや疲労で高齢者や体の弱い方が亡くなる「震災関連死」も問題になりました。  この教訓はあらゆる災害への備えに活かさなければなりませんが、今回の新燃岳の噴火では7年前の震災の教訓が十分に活かされていないように感じます。

  気象庁は現在、噴火警戒レベルをレベル3(入山規...

ご支援くださる方はクリック→