大規模金融緩和で被災者の債務を減免せよ

  東日本大震災から7年がたち、被災地では借金の返済猶予などの支援が打ち切られはじめているが、これは復興に水をさしかねない愚行だ。だいたい、政府がその気になれば被災地の個人や中小企業の債務を無くすくらいは簡単にできるはずだ。  
 日本銀行は今、市中銀行から国債を買い入れて大量の資金を金融市場に供給する大規模金融緩和を続けている。国債を日銀が保有すると返済も利払いも不要になるため、実は今政府の負債は減り続けている。これと同じように、市中銀行が保有する被災企業、個人に対する債権を日銀が円を発行して買い取れば被災者の債務は無くなるのだ。

言論ポータルサイト『進撃の庶民のブログ』は行き過ぎたグローバリズムなどに警鐘を鳴らすブロガー支援目的のサイト
・【新世紀のビッグブラザーへ~三橋貴明様】政治経済ブログランキング一位!経世済民・反新自...

ご支援くださる方はクリック→