災害復興 財政は問題ではない

 今日放送のNHKニュース7は時間を延長し、震災復興や南海トラフ巨大地震などへの備えについて特集していた。そのなかで、南海トラフ巨大地震で想定される復興費用について取りあげていて、ある専門家は、東日本大震災と同じ方法で南海トラフ巨大地震の復興を行う場合、東北の復興予算を大幅に上回る国、自治体合わせて160兆円以上の予算が必要だとし、その専門家は「財政的に破綻する」と言っていた。

 この「財政的に破綻する」の定義は不明だが、少なくとも、我が国日本においては災害復興において財源の制約は存在しない。日本国債は円建てなので日銀保有分は返済と利払いは不要となる。したがって、日本政府の財政破綻は絶対に起こり得ない。国債を増発して日銀に引き受けさせるなり、もしそれがダメなら政府紙幣を発行すれば復興財源などいくらでも調達でき、増税も全く必要ないのだ。

  ...

ご支援くださる方はクリック→