若者世代に無理難題ばかり押し付ける社会

『奨学金で自己破産する人が増加、大学生の声「連帯保証人を書いて『借金』だと実感」』(2/24AbemaTV)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180224-00010001-abema-soci「奨学金制度を担う日本学生支援機構によると、奨学金が重荷となり自己破産する人が過去5年間で延べ1万5000人であることがわかった。さらに、2016年度は最多の3451人で、5年前より13%増えたという。(略)」記事では、「人間としてダメかなと。借りたものは返すのが基本。事情はいろいろあると思うが、借りたからには頑張って返さないと」(18歳・男性/高校生)という意見が紹介され、コメント欄にも、「これはもう借りたら返すは当たり前と思う。」といった正論が並んでいる。筆者も金融機関に勤務したことのある人間として、「他人から借りた金は返済するのが当然」だという思考が染み...

ご支援くださる方はクリック→