保育園休園問題を考える

 横浜市鶴見区の私立認可保育園「寺谷にこにこ保育園」が保育士不足を理由に来年4月からの休園を決め、37人の園児が転園を余儀なくされるなど、保育の受け皿確保が大きな問題となっています。この問題を解決するうえで賃金引き上げなど保育士の待遇改善が重要であることはいうまでもありませんが、親が可能な限り子供を保育園にあずけなくても済むよう以下二つの問題を解決することも必要不可欠だと思います。

  まず一つ目はデフレの問題です。私は意欲ある女性が職場で活躍することは素晴らしいことだと思います。しかし、今は長期にわたるデフレ不況と、昨今の円安等にともなう資源や輸入品の価格高騰と消費税増税による悪い物価上昇により実質賃金が低迷し、不本意ながら生活のために仕方なく共働きをしている家庭も少なくないでしょう。 大規模財政出動、消費税の廃止か減税、その他の家計の税や社...

ご支援くださる方はクリック→