少子化税

今日はこんな記事です。 (朝鮮日報日本語版)韓国政府、世界初の「少子化税」検討 お隣の国では、合計特殊出生率が1.05まで下がり、大きな問題になっています。そこで「少子化克服のための目的税」が検討されているのだそうです。 効果がある政策になるかどうかは、政府が少子化の原因をきちんと把握しているかに強く依存します。いくらお金を集めても、薄く広く配るだけでは効果がないかもしれません。以下のような調査根拠があるようです。引用します。 韓国保健社会研究院が2016年に発表した実態調査結果によると、既婚女性は第二子を産まない最大の理由に育児費の負担(24.3%)を挙げているという。教育費が最も負担になるという回答も22.3%に達した。 日本の場合も、教育費が負担になるという回答が多いのが普通です。ただ、日本と韓国は少し違うな、と思いました。日本では、...

ご支援くださる方はクリック→