「他に代わる人がいない」という末期的症状

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のP.Sへ内閣支持率と日本の現状
 平松禎史さんのブログは更新されると楽しみに拝見するブログの1つなのですが、今回は内閣支持率について大変面白い分析をのせておられます。ちなみに、同じく支持すると答えた人の「安倍総理の人格が信頼できる」と「政策に期待がもてる」は減っていますので、「他に代わる人がいない」は入れ替わりに増えているわけです。言い換えれば、総理の人格や政策を支持理由にできなくなって「他に代わる人がいない」と考えるしかなくなった。そんな人が増えたというわけですね。実態とは違う「民主党政権より良い」「雇用が改善している」「景気は良くなっている」「外交で頼りになる」という思い込みで、「他に代わる人がいない」と判断しているわけです。  おそらく、そう思い込まな...

ご支援くださる方はクリック→