国家にとってお金は数字という事実

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のP.Sへ現代貨幣論、国定信用貨幣論を無茶苦茶簡単に説明してみるはい、無謀な取り組みキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(笑)現代貨幣論(モダンマネーセオリー、略してMMTと呼ばれる)とか国定信用貨幣論って、要するに「国家にとってお金ってなんなの?」ということを説明しているのですね。難しい名称だけれども、内容はこれだけ。もちろんそこから応用問題やら派生が色々あるんですけれども。ではなんでアメリカでは現代貨幣論(以下MMTと表記)が台頭してきているの?というとこれも簡単。今までの主流派経済学の説明では、どうも説明がつかない、矛盾が多く生じるからというだけの話なんです。 しかし厳密に説明しようとすると特に経済に対して初心者マークの人は「ん?(´ε`;)ウーン…」となるのは明白。だってその...

ご支援くださる方はクリック→