行き過ぎた自由貿易こそ問題

 アメリカのトランプ大統領がアルミニウムや鉄鋼製品への輸入制限措置を発動し、中国やEUが対抗措置の発動を示唆するなど反発が強まっていますが、これは米国と世界の安全保障上極めて真っ当な対応であり、現在の自由貿易体制がそれを妨げるものだとしたら、それこそが問題だと思います。

  そもそも、国家の戦力を強化し戦争を抑止するには強い軍隊を持つだけではなく、艦船、航空機、武器弾薬を供給する工業力が不可欠です。中国の軍拡でただでさえ米国の軍事力が相対的に低下するなか、中国などから安い鉄鋼やアルミ製品が大量に輸入され米国内の鉄鋼やアルミ業界が廃業や事業縮小に追い込まれ、軍需品の原料となる鉄やアルミを自国で十分に生産できなくなれば、軍事バランスが崩れ南シナ海での中国の覇権拡大など世界の至るところで情勢が不安定化する恐れがあります。  これは中国やロ...

ご支援くださる方はクリック→