問題は「保育士の待遇が悪い」に行き着く

今日はこんな記事です。 保育士の「妊娠順番ルール」は約15%の保育園で存在 先日このブログでも紹介しましたが(こちら)、とある保育園で結婚の時期と妊娠の順番を園長が決めていて、ルールを破ると園長に謝罪しなければならない、という話題の続きです。 そういったルールは、予想されたように、この保育園だけではなく、多くの保育園で存在する、ということを報告しています。 明らかに問題があるルールだと思うのですが、この記事では、簡単にルールを撤廃できるわけではないことが説明されています。 結局のところ、保育士の数が足りていないので、誰かが妊娠で仕事を抜けてしまうと、保育園の運営がなりたたないわけです。 企業と違って、認可保育園の保育士の給与は法律で定められています。人が足りないからといって給与を引き上げて人を増やすことができません。需要と供給の...

ご支援くださる方はクリック→