老いの一徹:「輪廻転生・・・衰退・覚醒・転生」

本日は、有閑爺い様の寄稿コラムです!仏教の観点から新自由主義や主流派経済学、新古典派経済学を捉えてみよう、というコラムを頂いております。2500年も形を変えつつも残ってきた仏教というものには、何かしらの哲学的な真実が見出され続けているから残っている、と個人的(ヤン)には思っております。現在進撃の庶民では寄稿コラム執筆者を募集しております。執筆いただける方はアメーバメッセージでご連絡ください。
※アメーバアカウントが必要です⇒ブログランキングクリックで進撃の庶民を応援!老いの一徹:「輪廻転生・・・衰退・覚醒・転生」~有閑爺い様輪廻転生は霊魂不滅との立場から、東洋では広く信じられてきた考え方です。特に仏教においては六道輪廻ということが重視されて、生けるもが死を得た後に次に生を得る時には前世の姿を得られないかもしれない、人として死んだが次に生まれるときは畜生かもしれないし餓鬼かもしれない、と教...

ご支援くださる方はクリック→