観光という成長戦略と出国税

平成29年12月22日開催の第8回観光立国推進閣僚会議での安倍総理のスピーチです。
「安倍内閣においては、観光を成長戦略の柱、地方創生の切り札と位置付け、精力的に取り組んでまいりました。その結果、外国人旅行者は、政権発足前の800万人から昨年は2400万人を数え、更に今年は2800万人を超える勢いとなっております。
しかし、この数字に甘んじるつもりはありません。観光先進国のイタリア、さらにはフランスなどを目標に、2020年4000万人、2030年6000万人の達成に向け、高いレベルの施策を展開していく必要があります。
このため、国際観光旅客税を創設することとし、本日は、その使途に関する基本方針や具体的な施策を取りまとめました。
この新たな観光財源を、世界中の人々が訪れたくなる日本の実現のために、先進的でコストパフォーマンスの高い施策に充当します。例えば、国際空港に、瞬時に顔を認証し...

ご支援くださる方はクリック→