「保育園一揆」の持続は難しい

「保育園落ちた」怒りを行動に-保育園一揆を起こした親たちは今
子どもを認可保育所へ入所させるための活動、いわゆる「保活」の当事者が「保育園落ちた日本死ね」と叫んだブログが話題となっている。しかし、入所を果たせなかった親たちが怒りややるせなさを感じるのは、今に始まったことではない。保育園を増やしてもらうための活動「保育園一揆」を実施した親たちの団体「保育園ふやし隊@杉並」の広報を務め、自身も過去、保活に取り組んでいた中楯めぐみさんに、現在の活動や感じている課題について聞いた。≪続きを読む≫[アメーバニュース]


少子化問題は国の大事であるとともに、子供を産みたいという個人の権利にも直接関係するものです。個人の収入が全体的に下がっている現在、子供を多く育てるためには共働きが不可欠であり、育児と仕事を両立するためには保育園が必要です。

行政は何もしていないわけではなく、新たな保育...

ご支援くださる方はクリック→