経済成長論



人気ブログランキングへ



老いの一徹「経済成長論」

現在の政府・内閣は「デフレは貨幣現象」「成長戦略を実施すれば経済を成長させることが出来る」と、超の付くほどの馬鹿話を連綿と語り、必死になってそれを行っています。
その結果、政府・内閣の思惑は見事に外れGDPはマイナス成長となりそうです。

その事態に対する政府・内閣の説明がこれまた噴飯物であり、夏場ですと「クーラーの売れ行きが」だったり、冬場ですと「冬物衣料の売れ行きが」だったり、挙句は「ファンダメンタルズは良好」とよそ事を並べたりで、夜店の香具師の兄ちゃんのほうがもっとまともな売り文句を並べます。

なぜ、数値で結果が明らかになる事柄に対して、「非数値」の対策(すなわち成長戦略)や「非数値」の説明(天候等の要因)で立ち向かい、平然としているのでしょうか?
ケインズ政策に代表される「需要コントロールで...

ご支援くださる方はクリック→